2008年11月14日金曜日

二十八

 健三の眼から見ると、島田の要求は不思議な位理に合わなかった。従ってそれを片付けるのも容易であった。ただ簡単に断りさえすれば済んだ。
「しかし一旦は貴方《あなた》の御耳まで入れて置かないと、私《わたくし》の落度になりますからね」と比田は自分を弁護するようにいった。彼はどこまでもこの会合を真面目《まじめ》なものにしなければ気が済まないらしかった。それで言う事も時によって変化した。
「それに相手が相手ですからね。まかり間違えば何をするか分らないんだから、用心しなくっちゃいけませんよ」
「焼が廻ってるなら構わないじゃないか」と兄が冗談半分に彼の矛盾を指摘すると、比田はなお真面目になった。
「焼が廻ってるから怖いんです。なに先が当り前の人間なら、私《わたし》だってその場ですぐ断っちまいまさあ」
 こんな曲折は会談中に時々起ったが、要するに話は最初に戻って、つまり比田が代表者として島田の要求を断るという事になった。それは三人が三人ながら始めから予期していた結局なので、其所《そこ》へ行き着くまでの筋道は、健三から見ると、むしろ時間の空費に過ぎなかった。しかし彼はそれに対して比田に礼を述べる義理があった。
「いえ何御礼なんぞ御仰《おっしゃ》られると恐縮します」といった比田の方はかえって得意であった。誰が見ても宅《うち》へも帰らずに忙がしがっている人の様子とは受取れないほど、調子づいて来た。
 彼は其所にある塩煎餅《しおせんべい》を取ってやたらにぼりぼり噛《か》んだ。そうしてその相間《あいま》々々には大きな湯呑《ゆのみ》へ茶を何杯も注《つ》ぎ易《か》えて飲んだ。
「相変らず能《よ》く食べますね。今でも鰻飯《うなぎめし》を二つ位|遣《や》るんでしょう」
「いや人間も五十になるともう駄目ですね。もとは健ちゃんの見ている前で天ぷら蕎麦《そば》を五杯位ぺろりと片付けたもんでしたがね」
 比田はその頃から食気《くいけ》の強い男であった。そうして余計食うのを自慢にしていた。それから腹の太いのを賞《ほ》められたがって、時機さえあれば始終|叩《たた》いて見せた。
 健三は昔しこの人に連れられて寄席《よせ》などに行った帰りに、能く二人して屋台店《やたいみせ》の暖簾《のれん》を潜《くぐ》って、鮨《すし》や天麩羅《てんぷら》の立食《たちぐい》をした当時を思い出した。彼は健三にその寄席で聴いたしかおどり[#「しかおどり」に傍点]とかいう三味線《しゃみせん》の手を教えたり、またはさば[#「さば」に傍点]を読むという隠語などを習い覚えさせたりした。
「どうもやっぱり立食に限るようですね。私もこの年になるまで、段々方々食って歩いて見たが。健ちゃん、一遍|軽井沢《かるいざわ》で蕎麦を食って御覧なさい、騙《だま》されたと思って。汽車の停《とま》ってるうちに、降りて食うんです、プラットフォームの上へ立ってね。さすが本場だけあって旨《うも》うがすぜ」
 彼は信心を名として能く方々遊び廻る男であった。
「それよか、善光寺《ぜんこうじ》の境内《けいだい》に元祖|藤八拳《とうはちけん》指南所という看板が懸っていたには驚ろいたね、長さん」
「這入《はい》って一つ遣って来やしないか」
「だって束修《そくしゅう》が要《い》るんだからね、君」
 こんな談話を聞いていると、健三も何時か昔の我に帰ったような心持になった。同時に今の自分が、どんな意味で彼らから離れてどこに立っているかも明らかに意識しなければならなくなった。しかし比田は一向そこに気が付かなかった。
「健ちゃんはたしか京都へ行った事がありますね。彼所《あすこ》に、ちんちらでんき[#「ちんちらでんき」に傍点]皿|持《も》てこ汁飲ましょって鳴く鳥がいるのを御存じですか」などと訊《き》いた。
 先刻《さっき》から落付《おちつ》いていた姉が、また劇《はげ》しく咳《せ》き出した時、彼は漸《ようや》く口を閉じた。そうしてさもくさくさしたといわぬばかりに、左右の手の平を揃《そろ》えて、黒い顔をごしごし擦《こす》った。
 兄と健三はちょっと茶の間の様子を覗《のぞ》きに立った。二人とも発作の静まるまで姉の枕元に坐《すわ》っていた後で、別々に比田の家を出た。

0 件のコメント: